読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジライオンの足跡

相談ベースでお仕事募集中です。

英語の出来ないエンジニアがバンクーバー行ってみた(3日目)

どうも フリーランスのライオンです!

lion-man44.hateblo.jp
の続きです

さてさて、いよいよバンクーバー旅行の最終日です!

身支度

f:id:lion_man44:20151012182815j:plain
f:id:lion_man44:20151012182818j:plain

いよいよここともお別れ
短い時間だったけど、いろいろあったなぁ〜...と思い返し、出発準備

そして最後にはお礼の手紙を必死にWeb辞書使って、書いてみました
f:id:lion_man44:20151012183112j:plain
(きったねぇ字wwww)

さらば!!!
f:id:lion_man44:20151012182824j:plain

ざっと目的地までの時間歩いて4時間

大体の場所をまずは歩いて行く癖のある自分はGoogleMapが示す距離と自分の足をざっと出してみて、これぐらいかかるとの予測
f:id:lion_man44:20160429091620p:plain
(わかりづらいと思うので皆さんの為に地図を用意しました)

さすがに4時間、股擦れ状態で歩くのしんどいなと思い、財布の中身を見ると丁度2.75$あったので、ZONEをよく理解していないが乗ってみる事に

f:id:lion_man44:20151012183434j:plain
(手ブレが激しくてすみませんm(_ _)m)

とりあえず、 全然落ち着かない

もうダメ、理解出来ない
理解出来ないもの怖い
日本でバス乗るのも怖かったりするのに、無理
とりあえず乗り換え地点まで乗り、そこからは歩いて行く事に、時間にして3時間に縮まったような感じだ

ひたすら歩く

f:id:lion_man44:20151012183811j:plain
歩く

f:id:lion_man44:20151012183846j:plain
歩く。

f:id:lion_man44:20151012183912j:plain
gulp。。。

f:id:lion_man44:20151012183828j:plain
歩く。。

f:id:lion_man44:20151012184020j:plain
歩く。。。

f:id:lion_man44:20151012184036j:plain
歩く。。。。

f:id:lion_man44:20151012184103j:plain
ひたすらただ歩く。

f:id:lion_man44:20151012184153j:plain
ここまで来てようやく、ここら辺についた感じだ

f:id:lion_man44:20151012184656p:plain
ここから更に、まだ橋を渡って、歩かないと行けない
残り1.5hほどだろうか

f:id:lion_man44:20151012184811j:plain
ちなみに賭博場もある
行った事無いが、一人で行ける自信はまだないw

f:id:lion_man44:20151012184855j:plain
また歩き

f:id:lion_man44:20151012184913j:plain
歩き。

f:id:lion_man44:20151012184930j:plain
また歩く。

f:id:lion_man44:20151012184949j:plain
また歩く。。

しかし事件は起こる

この時、ビックリする事が起こった
老夫婦に話しかけられたのだ

しかし英語が分からない

何だ、何を言っているんだ。。。かなりパニックに陥った。。。
別室行き、以来だ。。。

しかしよくよく聞いてみると

「君は見ると、旅行者のようだ。
これから先のバンクーバー空港に向かうのだろう?
しかし、知っているかい?
ここから先へ歩いて向かうと1時間かかる。
ただし、電車を使えばたったの3駅だ。
8分で着けるんだぞ?
こんなに便利な事は無い。
歩いて行くなんて気が狂っている者のする事だ」

と、言っているような気がした

お爺さんの言っている事は最もだった

ああ、そうだ、それは全くもって正しい
正しさ全開だ
正し過ぎて全ての毛穴が開いてしまいそうな程に正しい

しかし、だ

公共機関が怖いのだ

分からないルールは怖いのだ

分かってくれ、お爺さん。。

そこで俺は唐突に翻訳アプリを思い出し、翻訳アプリを起動し、お爺さんと対話を試みてみたが、無理だった
どうやらお爺さんは訛りと端折りが多過ぎて、翻訳アプリが翻訳出来なかったのだ

前にどっかのTwitterで「外人は翻訳アプリを使ってでも日本人と喋りたいと思っているから日本人も警戒せずに、翻訳アプリを使ってでも対話する事をしてくれ。頼む」みたいなものを見た事があったが、「翻訳アプリがまず使えねーじゃねーか此畜生!」と思った事は言うまでもない

これ以上の対話を臨めないと悟った俺は半分涙ながらにこう言った

「happy working」と

お爺さんはすると、肩をすくめた

なので、俺は颯爽と歩き始めた所、お爺さんから「おいおいおいおいおい」と更に呼び止められた

俺は多少苛つきながら、「What?」と言うと、手を引っ張られた
俺はこの瞬間心の中で「あ〜、まだしてない事一杯あったなぁ〜。俺の人生はここまでか。悔いはあるけど、まぁ良い人生だった」と思った
本当に冗談無く、思ったのだ

しかし、お爺さんは違ったようだ
「バスを待て」と
言っているようだった

しかし俺は必死に逃げるべく「No maney.」と言った

お爺さんは「What?」と言ったような気がした
もはやパニクっていて、何が何だか分からない状態だった

そして財布の中身を見せ、1.25$を見せると何故かお爺さんは意気揚々と
「OK! Come on!!」
と言った

俺は内心「何がOKなんだ...」と思っていたら、バスがすぐに来た
そしてお爺さんはバスに乗るなり、バスの運転手と交渉をし始めた
「どうせ、断られるぞー」と思っていたらバスの運転手からは「OK.」と一言

おいおいおいおい、どんだけ君等は自由が利くんだ
自由の女神か?国は違えど、自由の女神に守られてんのか?
(今でこそ、笑い話だが、当時はどこに連れて行かれるのかもちゃんと理解出来てなかったので本当に恐怖でしかなかった)

そこで、とりあえず乗る事にそして今まで歩いた道のりを逆走...
もはや時間通りに帰れるかどうかとかそんな事より、命あって帰れるかどうかも怪しい状態

そして今まで歩いた40分位の距離を全て水の泡にして着いた所はここだった
f:id:lion_man44:20151012184656p:plain

そしてお爺さんは「奥さんに送ってくるよ」と言って(多分)、俺を連れて駅の中に入って行った
グイグイ進んで、ホームに辿り着くと「Come on!」と俺を呼ぶ

俺は着いて行くと辿り着いたのは「路線図」だった
そしてお爺さんは俺が理解していないだろうと思い、必死に説明してくれた
本当にただ必死で
俺はその優しさに半分泣きそうになりながら出た言葉が「Great idea.」(サムズアップしながら)だった

そして電車が来て、見送られる時に「Thank you for very much.」と握手を交わし、後にした
(運賃はhonest systemを利用した)

f:id:lion_man44:20151012194509j:plain
f:id:lion_man44:20151012194512j:plain

もはや空港に辿り着いた事に泣きそうになりながら、写真を撮っていた
周りの乗客からは完璧にJapaneseの田舎者だと思われていた

空港でカリフォルニア

f:id:lion_man44:20151012194858j:plain
とりあえずお腹が減っては何とやら、なので、ゴハンを食べる事に
(日本語が懐かしい...)

f:id:lion_man44:20151012194905j:plain
こ、これがカリフォルニア巻!!!!
う、美味いぞ!!
見た目あれなのに!!!

そして、レインボーロールなるものがあったので、頼んでみた
f:id:lion_man44:20151012195142j:plain
レインボーーーーーーーーー!!!!フォウゥゥゥゥゥ!!!!!!

お腹を整えつつ、俺の冒険も終わったのだな、と考えていた...

と、思ったらそうでも無かった

航空チケットをよくよく見るとシートナンバーの所には「GTE」の文字
何だこれは...
とりあえず分からなかったので、調べてみると記事を発見

イエローナイフ 4日目 『シートナンバー「GTE」』|海外つれづれ旅日誌

何だかよく分からないが、早く確認しに行った方が良いとの事
とりあえず搭乗窓口の所に張り付き、案内人が来るのを待つ
そうするといい加減っぽそうな、あからさまに日本人なお爺さんが、立ってくれたので安堵しながら確認すると「呼ぶので待て」と言われて、待つ事に

f:id:lion_man44:20151012200109j:plain
(待っている間に甘いポテト食ってた)

なんだかんだ乗れる事に

f:id:lion_man44:20151012200140j:plain
ようやく、本当にようやく、帰れる事に!

(何と言う事でしょう、ばりに!)

いろいろ波乱があったなぁ〜とAir Canadaの飛行機を見ながら感慨深く思いました

飛行機に乗り

f:id:lion_man44:20160427224610j:plain

バンクーバーに別れを告げる最後 別の便の飛行機も「お疲れ」と言ってくれているように見守ってくれています

キャビンアテンダントの方も準備に忙しく、ベルトチェックをしてくれています
(どっちかと言うと、帰る時には何故か日本語の声が聞こえてきたりもしたので、安心感が更に増しました)

ここからしばらくして鉄の機械は動き出します

いざ発進

f:id:lion_man44:20160427225042j:plain

ゴォン、と重い、重量感あふれる発進に子供心にワクワク感を拭いきれない感じを前面に押し出していきたいと思います!

滑走路の前まで走る

f:id:lion_man44:20160427230532j:plain

f:id:lion_man44:20160427230554j:plain

f:id:lion_man44:20160427230628j:plain

f:id:lion_man44:20160427230812j:plain

f:id:lion_man44:20160427230826j:plain

いろいろな記憶が走馬灯のように蘇ります

先に飛び立つ別の便

f:id:lion_man44:20160427231049j:plain

心なしか「あばよ」って言ってくれてる気がします

ちょっとスタイリッシュな機体も

f:id:lion_man44:20160427231504j:plain

これはなんていう機体なんでしょうか?

とうとう滑走路へ

f:id:lion_man44:20160427231634j:plain

f:id:lion_man44:20160427231800j:plain

f:id:lion_man44:20160427231812j:plain

f:id:lion_man44:20160427231844j:plain

スタンバイ!って感じですね
今から発進するかと思うとワクワクしてきます

早く早く、と心の中で掛け声する感じ、分かりますか?

キイィィィィィンゴォォォウウウゥゥゥゥ

f:id:lion_man44:20160428000318g:plain
(ぶれており、申し訳ありませんm(_ _)m)
convert コマンドで写真をgifアニメにしているので、ブレブレです。動画で撮れば綺麗なgifアニメできた)(申し訳程度のエンジニア要素)

でもこの瞬間て男の子にとってのロマンなんですよ?
分かります?

そして、空へ

f:id:lion_man44:20160427232755j:plain

ふわっ...!

と、飛んだぁぁああぁぁぁあああああああああああああ!!!!

この嚙みしめるように目と感触と耳で飛ぶ瞬間を味わえるのは窓側席の特権ですね!
最高です!

書いている最中ですら何度でもあの感覚を思い出しています

さらばバンクーバー

f:id:lion_man44:20160427234417j:plain

f:id:lion_man44:20160427234430j:plain

飛んだ後の高度上げてるところがカッコよかったのでgifアニメにしました

f:id:lion_man44:20160427235719g:plain
convert コマンドには -layers オプションがあり、 optimize を指定することができます。まぁ指定しといて損は無いので、指定しときましょう。枚数が多く無いとあまり効果が表れないっぽいですが)(申し訳程度のエンジニア要素)

そして、更に眼下に広がる街並み

f:id:lion_man44:20160427235030j:plain

高度、雲

f:id:lion_man44:20160428001248j:plain

雲の中を突っ切ります 高度5000mくらい?(詳しく無いので教えて欲しいですが) 上から見たときの雲海が気になるところ

ちなみに雲の中の写真はこんな感じになっている

f:id:lion_man44:20160428012347j:plain

何も見えない (^_^ ;)

そして突き抜け、白い海へ

f:id:lion_man44:20160428012556j:plain

うひょーーーーー、見えますでしょうか?
雲海ですよ雲海!
久々に見たけどいつ見ても良いものですね

ドラえもんの雲の王国を見たときのような感動
あの頃は雲の王国を作るようなシムシティなゲームが本気で欲しかったものです(しみじみ

しかし、今写真見てて気づきましたけど、まだ上空に雲がありますね
雲にもいろいろ生息圏?みたいなものもあるんでしょうか

綺麗ー

f:id:lion_man44:20160428013752j:plain

f:id:lion_man44:20160428014033j:plain

f:id:lion_man44:20160428014045j:plain

写真はそこまで綺麗じゃ無いけどね 😅

Rice or Pan

f:id:lion_man44:20160428014225j:plain

これパンを選んだように見えるでしょ?
ライス選んだんですよねー
最初ニコニコしながらもらったあとに「え?え?あれ?」って当然なりましたよ
聞けませんでしたけどね!!!

ちなみにキャビンアテンダントの方から「Rice or Pan?」と聞かれました
アジア系には「パン」の方が馴染み深いですから、きっと気を利かせてくれたのでしょう
チェケナビに惑わされていた私にとっては大分ハードルが下がりましたね!!!

食べるものを食べたあとは

f:id:lion_man44:20160428015154j:plain

静寂に包まれた機内
おならをしようものなら怒られそうです

とりあえず就寝です

朝起きたら早くに

f:id:lion_man44:20160428015322j:plain

もはや眠気で何を聞かれたのかさえ覚えていません

加えてあまり美味しかった記憶が無い...

Mapを見てみたら

f:id:lion_man44:20160428015502j:plain

既にSAPPOROは過ぎていたようです

そして、日本の空

f:id:lion_man44:20160428015558j:plain

何でしょうね、馴染み深い雲です

ここから更に雲を掻き分けて空港へ

f:id:lion_man44:20160428015821j:plain

f:id:lion_man44:20160428015856j:plain

f:id:lion_man44:20160428015909j:plain

f:id:lion_man44:20160428015920j:plain

f:id:lion_man44:20160428015958j:plain

f:id:lion_man44:20160428020020j:plain

f:id:lion_man44:20160428020045j:plain

f:id:lion_man44:20160428020056j:plain

f:id:lion_man44:20160428020114j:plain

街が見え...

f:id:lion_man44:20160428020229j:plain

もう街が見えて間近ですね
ここら辺まで来ると、もうアナウンスが騒がしいぐらいです

着陸

f:id:lion_man44:20160428020351j:plain

優しいソフトタッチです
キュッって音とともにタイヤの音が加わります

そしてこの子達も全開です
TMRを思い出します
f:id:lion_man44:20160428020535j:plain

そしてすぐにこんな感じに
まるでする事終わった後の男性みたいな感じですね
f:id:lion_man44:20160428020632j:plain

このまま何事も無いように、発着場へと走っていきますので、無駄にgifアニメ化してみました
f:id:lion_man44:20160428021034g:plain
convert には -delay オプションもあり再生間隔を伸ばしたり短くしたりできます。ちなみにサイズはあまり変わらないので、一番良いのは圧縮率を変えたり、枚数減らしたりする事です)(申し訳程度のエンジニア要素)

旅の終わり

短くて長かったような旅も終わりなんだなーと、なりました
ここら辺からはもはや英語を聞く機会もなくなり、日本語メインの会話があちこちから聞こえてきます
外国かぶれもなくなったんでしょうね

俺はそんな事を尻目に颯爽と降りて、荷物を取りに行きます

まだ終わりではなかった

しかし一向に待てど暮らせど、荷物が来ません
やけに遅いなぁと思っていたら、ビックリしたのがデカデカと名前の書かれたネームプレートがベルトコンベアに乗って出てきました
嘘偽りなく大文字です

font sizeとかで言うと 100px以上あるんじゃないかってぐらいに
デカデカ
とです

何でこんな公の場で下の名前まで公開されているのか
俺の名前をあの日刻んだ人たちは今も元気に生きているのでしょうか

とりあえずそのネームプレートを取り、職員の方を捕まえると「こっちに来てください」と連れて行かれ、言われたのが一言

綺麗なお姉さん「すみません、お客様のお荷物を向こうで入れ忘れたらしく、バンクーバーにまだいるみたいです」
俺「え」

どうしようもなかったので、「分かりました」と答え、その場を去る自分
キャリーバッグを持ってないので、来る時より荷物が軽くなって帰る事になりました

ちなみに後で知った事ですが、荷物保険というものがあるらしいです
海外旅行する方は基本デフォなんだとか
こういうところも慣れてないのでダメですね(ちなみにキャリーバッグは後日届いたのですが、車輪がぶっ壊れて使い物にならなくなってました。こういうときのためにも荷物保険に入るんですね)

最後に

と、いろいろな事がありましたが、全体的に良い経験ができた面白い旅になったと思います
台湾以外は全く行った事なかったのですが、本当にバンクーバーは気候が良いところで、よく言われるような避暑地という意味が分かりました
半袖だと雨が降った時に肌寒いとか、道路が本当に広い、とか日本語も要所要所では意外にある、とか行ってみないと分からない事もたくさんあります

また機会を作って行ってみたいですし、他の土地も(次はアメリカ辺りとか)行ってみたいですね

大分時間が経ってからの弾丸旅行の最終日でしたが、読んでくれた方はありがとうございました(いろいろあったので投稿遅れたけど許してね 💕)

Node.js4.0 と gulpfile.babel.jsの組み合わせとライブリロード

株式会社リブのフロントエンド芸人、ライオンです

今日は他の人にとってはどうでもいいような内容をQiitaに書いたので、ブログにも書いとこうと思いました

qiita.com

詳しくはこっちをそっちを見てストックしてってくれれば良いね!
でも、こういうの地味に起こる問題で最初やろうとすると「あれ?」「あれ?」ってなるから、少しでも皆の手間が減ればなぁと思います

英語の喋れないエンジニアがバンクーバー行ってみた(2日目)

lion-man44.hateblo.jp

の記事の2日目になります

朝7:00

気持ちの良い朝です
カフカのベッドなんてここ数年経験した事がないです
もっぱら日本で生活している私にとって、布団と言えばこれか

これか

これです

道路交通法違反になるので、路上に寝ちゃダメですよ皆さん)

さて、そんなオシャンティーの2日目を迎えたわけですが、気持ちのいい日です
「復活!!」とか言いたくなりますが、残念ながら大きな声を出すと近所迷惑なので静かにしています

そんな中、FBへのお礼コメントや状況説明など(8/14に誕生日だったのでFBで祝ってもらってました)に夢中になっていたら段々キッチンらへんがうるさくなってきました

ヤバい

話す言葉が何も思いつかない
どうすれば良いの

メッチャガヤガヤしています
どうすれば良いの

2時間位悩んでいたのです
それぐらい難しいミッションです
言葉の通じない人に喋りかけるというのは

しかし時とは残酷なもの
刻一刻と迫って来ます
今日は待ち人と12時位に待ち合わせしていたので、もう出かけないとヤバいです
いざ勇気を出し、部屋を開けた瞬間そこに待っていたものは 食事をしていた女性 でした
「あ…」、俺の中でシナリオが吹っ飛びました

ぎこちない声で
俺「Hello...!」
相手「...Hi...」
(またこのパターンか!!!!!!どこまで見た目の信用ないんだ俺は!!!!!)
俺「...Nice to meet you~~」
相手「......」
その後、相手は食べていたシリアルをそのままに何も言わずに席を立ち、どこかへ消え去りました
辛い瞬間です(◞‸◟)
分かり合えなかった瞬間です

まぁそんな時に「やった!!!邪魔者がいなくなったぞ!!!」なんて喜んでしまう辺り、自分自身のクズっぷりに感心していました

グランヴィルアイランドへ向かって歩く!

f:id:lion_man44:20150829164917j:plain
歩く

f:id:lion_man44:20150829164920j:plain
ひたすら歩く...

道路というのは街の状況を表すものでもあると考えます
お金が無ければ、少なければ歩道はなく、国土が少なければ歩道は狭く...といった感じです
ある程度余裕がある国なのではないでしょうか

道すがら、気になったものを...

f:id:lion_man44:20150829164923j:plain
歩道の看板か、飛び出し注意でしょうか?

f:id:lion_man44:20150829165433j:plain
バス停には必ず、ゴミ箱が置いてあります
ゴミ箱が路上に置いてある設計は良いですね

f:id:lion_man44:20150829165842j:plain
道路もとっても広い事が分かります

f:id:lion_man44:20150829170006j:plain
こういう設計の建物ってあんま日本じゃ見ない感じなんですけど、ある所はあるんですかね?
日本の建物の設計ととかく四角い感じ

f:id:lion_man44:20150829170100j:plain
PCショップですね
何でこうどこもドギつい色なんですかねw

f:id:lion_man44:20150829170135j:plain
まさに 曇天 という感じ
この日は寒いくらいでした

f:id:lion_man44:20150829170223j:plain
_人人人人人人_
> 突然の大阪 <
 ̄YYYYYYY ̄

大阪で本当に何があったんだw
そんなに革命的な何かを見つけたんだろうか?

f:id:lion_man44:20150829170715j:plain
そしてカナダのポストは何故かグロいです
何故こんなグロいのか

f:id:lion_man44:20150829170749j:plain
(手ブレしていてすみません)

そして日本でお馴染みHONDA!

f:id:lion_man44:20150829170836j:plain
そしてとうとうグランヴィルブリッジに辿り着きました!

これどうやって取り出すんだ??

f:id:lion_man44:20150829170938j:plain
f:id:lion_man44:20150829170934j:plain
凄いくらいの船です
大量の船

船!!!!

f:id:lion_man44:20150829171056j:plain
俺「へ〜こんな所にグランヴィル イズ ランドパブリックマーケットがあるんだ〜」
とかキャッキャ喜んでいたのも束の間

待ち合わせ人から「着いた〜」という連絡が来、「俺も橋の上にいるぜ〜」と伝えた所、「何で橋渡ってんの?」という話になり、急いでGoogle Mapを確認すると、既にグランヴィルアイランドを過ぎていました
f:id:lion_man44:20150829171545p:plain

とりあえずどうしようもないので一人で ガーン と呟いておきました

戻るのメッチャ大変でしたので、出かける時は気をつけましょう

グランヴィルアイランドに到着!隊員が見たものは...

f:id:lion_man44:20150829171837j:plain
日本でもお馴染みの横断歩道です!!!
良かったね、父さん!!
横断歩道はあったんだよ!!!

と、一人ではしゃいでました
そして、待ち合わせ人と合流し、無事目的地のグランヴィルアイランドパブリックマーケットに到着しました!

何だこれは...

f:id:lion_man44:20150829172127j:plain
一つの店舗に入るとそこは何でも屋さん、みたいに色とりどりな商品がいっぱい並んでいました
その中の一つに パックの中にどれだけ入れても500円! みたいな商品があったので買ってみました
f:id:lion_man44:20150829172243j:plain
うん、大して美味しくはない

観光客用のサービス

f:id:lion_man44:20150829172336j:plain
途中工場が見えたのですが、こんなペイントがしてありました
可愛い施策ですね

いざ市場へ

f:id:lion_man44:20150829172432j:plain
(焦点あってなくてすみません)

謎な果物がいっぱいあります
その内のヒトデ君です

f:id:lion_man44:20150829172536j:plain
(手ブレしていてすみません)

これまた美味そうな肉です!
辛そうでもありますが
消費出来なさそうなので、見て回るだけです

f:id:lion_man44:20150829172703j:plain
謎です
何なんですか、こいつは
戦慄です

f:id:lion_man44:20150829172743j:plain
そしてこれは梨だったっけな?
ちょっと記憶から忘れかけていますw

デザートだって

f:id:lion_man44:20150829172824j:plain
完璧上のイチゴより、下の謎のレインボーサンドが気になります
人を殺す気満載でしょうか?

たくさんのチーズ

f:id:lion_man44:20150829172921j:plain
f:id:lion_man44:20150829172943j:plain
f:id:lion_man44:20150829172946j:plain
(手ブレしていてすみません)

うほー、これは凄い!
お酒が進みそうですね!

圧倒的サラミ!

f:id:lion_man44:20150829173029j:plain
日本もこれぐらい取り扱って欲しい!

紫色の…?

f:id:lion_man44:20150829173111j:plain
(手ブレしていてすみません)

これは芋…??

f:id:lion_man44:20150829173143j:plain
そしてきゅうり!
デカい!!!!

f:id:lion_man44:20150829173216j:plain
何だっけこれ…
日本でもよく見かけるんだけど!

f:id:lion_man44:20150829173241j:plain
そしてクソデカいナス!!

ナス!!!

ナス!!!!!

ナス!!!!!!!!!!!!

f:id:lion_man44:20150829173501j:plain
そしてこれも名前が出て来ないw
毟ってその食物繊維食べる奴!

f:id:lion_man44:20150829173558j:plain
野菜の種類は国力に影響するとも言われますが、こちらでもその野菜の種類は大量にあり、見ていて面白かったですw

f:id:lion_man44:20150829173701j:plain
朝鮮人参かな?

市場でマジックショーも

f:id:lion_man44:20150829173758j:plain
f:id:lion_man44:20150829173802j:plain
f:id:lion_man44:20150829173805j:plain

そして驚きだったのは、市場でもマジシャンがいて驚きました!
日本だとこんな場所ですると、「邪魔だからどっか行け」ってなりますよね
でも何故か人が集まってなくて、何故なんだろうと思っていたらそれもそのはず、マジックショーもお金取るんですよね
全然知らなくて(ㅍ_ㅍ)っと見ていたら、「☆$~s(9j01j」とか喋りかけた後に「No English?」ってお兄さんが聞いて来たので元気良く「Yes!!!!!!」と答えてやりました
(ちなみにこれはコインのマジックで何故浮いているのか、という客寄せマジックでした。その後はカードマジックをしていました)

念願のロブスター!

f:id:lion_man44:20150829174211j:plain
f:id:lion_man44:20150829174214j:plain
デカい!!!
それを
f:id:lion_man44:20150829174236j:plain
に挟んで、食す!!!

うま〜〜〜〜〜〜〜〜

思わず、その場で「まいう〜〜〜」とか言っちゃいました

日本ではカニを食べる時は黙ってしまいますが、ロブスターも同じく黙って食べる事に夢中になってしまいました!

そしてデザートも

f:id:lion_man44:20150829174419j:plain

ブドウを久し振りに食し、これまた酸っぱみがあってまいう〜〜〜

食べながらマジックショー観戦

f:id:lion_man44:20150829174519j:plain

ぶっちゃけよく分からんかった^o^

キツツキっぽい

f:id:lion_man44:20150829174613j:plain
鳥も可愛い

そしてここから本命のHOOTSUITEに向かう事に

さて、ロブスターも食べ、外も寒くなって来たので、とある企業にお伺いする事にしました
こんな感じのプロダクトを作ってます

漢字っぽいデザイン

f:id:lion_man44:20150829175159j:plain

こう四角っぽいデザインは漢字っぽく見えてしまいますねw

お土産を見に

f:id:lion_man44:20150829175320j:plain
待ち合わせ人が「お土産〜」という話をしていたので、寄る事に
何かロミオとジュリエットの舞台に出て来そうな場所だったので、写真を撮る事に

一緒に写ってはいけない人が…

f:id:lion_man44:20150829175516j:plain

(;゚Д゚)

(゚Д゚;)

(;つД⊂)ゴシゴシ

(゚Д゚)え?

顔も若干違うような…

触れないでおこう...

安定のエンジニアジョーク

f:id:lion_man44:20150829175807j:plain
f:id:lion_man44:20150829175811j:plain
f:id:lion_man44:20150829175736j:plain

これとは違いますね

今度は酢のライオン

f:id:lion_man44:20150829180143j:plain

ほうほう!

爪切りの形もこっちと変わらない

f:id:lion_man44:20150829180206j:plain

メジャーな商品らしい

f:id:lion_man44:20150829180237j:plain

よく分からないけど、待ち合わせ人が言うにはメジャー商品で美味しいらしい(?)

ポテイト!

f:id:lion_man44:20150830122719j:plain

リプトンっぽい!

Menya

f:id:lion_man44:20150830122809j:plain

美味いのかな…!?
ちょっと入ってみたくはあるけど、まだロブスターが胃の中に残っているので、まだいらないw

これがHOOTSUITEか

f:id:lion_man44:20150830122944j:plain

ドキドキしてるぜよ…
海外でオフィスに潜入とかどんな責め苦…

結構写真撮るのが難しかったので別記事で

まぁ当たり前ですね :D
オフィスはそれぞれ島型でindeedさんみたいに六角形だとかのオフィスだったりGoogleさんとかみたいにプライベート空間を重視したデスクだったりせず、日本でよく見かけるような島型です

参考画像:

(引用元:http://www.canadianbusiness.com/technology-news/the-coolest-office-in-vancouver-a-look-inside-hootsuites-new-home/

むちゃくちゃオシャレでした!
自分用の冷蔵庫を置いている人もいて(かなりデカい)家のように使っている人もいました

休憩室もあるよ

f:id:lion_man44:20151012162522j:plain

SIerだと絶対に無かった場所
ゲームとか、置いてあって遊べるようになってるし、メッチャ遊んでる
仕事の仕方が日本と違うので、その働き方の違いの差みたいなのがここに表れているような気がした

そしてビアサーバー!

f:id:lion_man44:20151012170512j:plain

どうやらここでは毎週金曜5時から飲んでいるらしく、ビアサーバー管理者がいるらしい

そして面白いのは仕事終わった暇な人達がここにメッチャ並んでいるw

Cheers!!(乾杯)

f:id:lion_man44:20151012170800j:plain f:id:lion_man44:20151012170804j:plain

酸味が強い系のビールを飲みながら、HOOTSUITEで働く日本エンジニアと対談!

Vimmerのうじひささん(自分がVim使いなので知ってた)と
真幡さんというJenkinsおじさんといろいろお話をしました(ご本人は別におじさんという年齢ではないので悪しからず)

内容は千差万別
「働き方」「オフィス」「Jenkinsのジョブ」「採用要件」「成果」「これから」などなど...

何だか悩める内容は時差9時間以上もある日本とこれだけ離れていても、結局変わらないんだな、という事を学べた事が今回の旅行の宝物だったかもしれません

文化は違えど、人の心は大体同じ

中でもうじひささん達と話していて、印象的だったのは「働き方」の話でしょうか
俺「海外は『働き方』に対して厳しく、自分の任された仕事しかしないとの事ですが、そこら辺実際はどうなんでしょう?」
うじひささん「別にそういう事は無く、人の仕事を手伝ったりもします。ただ、それで残業するのはナンセンス」

また一つ海外での仕事の仕方というのの見え方が変わったような気がしました

ゆっくりと社内を徘徊

f:id:lion_man44:20151012172216j:plain (激しく手ブレしており申し訳有りませんm(_ _)m)

トレーニングルーム!!!
自分が社内に作りたいものNo.2です!!
日本だと大体、
トレーニングはジムへ、
飲みたいなら居酒屋へ、
とmoduleの如く、キッチリと責務を分けようとしていてマッチョなツールの如く、マッチョなオフィス設計というのを見た事がありません(マッチョ=何でもあり)

それが悪いというわけではないですが、何だか物足りない感があります
勤務時間に対して甘く、コストに対しては厳しいからこういうものを作れないのかもしれません

f:id:lion_man44:20151012173037j:plain
(激しく手ブレしており申し訳有りませんm(_ _)m)

そして仮眠室です
社内に欲しいものNo.3です!
ちなみにNo.1はシャワールームです

そしてオフィスに置かれた謎のテント
f:id:lion_man44:20151012171027j:plain
(激しく手ブレしており申し訳有りませんm(_ _)m)

ここはMTGスペースだそうです
お給与の相談もここで行われるし、「明日から来なくていいよ」との話もここでされるとか :fearful:

そしていざ、ディナーへ

f:id:lion_man44:20151012174833j:plain

これちなみに何時頃だか分かりますか?

正解は19時位です

明るいでしょう?
向こうはこんなに明るいです
そしてこの人達は何しているのか分からなかったので、写真に収めておきました
何かのレクリエーションでしょうか?

f:id:lion_man44:20151012175105j:plain
ちなみにベンチで座っている人たちはマリファナを吸っていました
実際、バンクーバーマリファナを吸うのに対してはいろいろと賛否両論あったり、日本人は母国の法律に基づき罰せられたりといろいろあるので、吸う人は覚悟して吸いましょう

マリファナ!ついにバンクーバーでも合法か!?

今日のディナー場所

f:id:lion_man44:20151012175950j:plain
(激しく手ブレしており申し訳有りませんm(_ _)m)

おおお、これが今日のディナー場所か〜
メッチャカフェっぽい!

そして変なものをうじひささんに勧められる

f:id:lion_man44:20151012180120j:plain

とりあえず激しくゾワゾワした!! 激しくゾワゾワした!!!

頑張って飲むも、途中で力尽き、うじひささんにお渡し

皆の晩餐

f:id:lion_man44:20151012180319j:plain
ハンバーガーに

f:id:lion_man44:20151012180402j:plain
ステーキに

f:id:lion_man44:20151012180431j:plain
何だっけ...

そして、俺は...

f:id:lion_man44:20151012180502j:plain

圧倒的ステーキ!!!

もうね、メッチャね、美味いんすよ、火入れが!!!!!!!!!!
ただね、塩辛い!!!
でも美味い!!!
この火の入れ方は最高な火の入れ方だった!!!
とっても最高!!!
何だろう、口で説明するのが難しいんだけど、肉の塊は塊でもボリューミーかつ、伝統的な重みを感じる、それでいて後腐れ無く口の中を去るナイスガイのようなステーキ
日本で結構あれこれステーキを口にしてた事はあるけど、段違いで焼き方に関してはこっちが上だった
味付けは日本の方が繊細で、女性のように優しく寄り添ってくれるまろやかな味付けに軍配は上がるけど

これはもう一度食べに行きたいし、世界各国のステーキ食ってみたいなぁという夢がまた出来た!

そしてトイレ

f:id:lion_man44:20151012181121j:plain

基本的に向こうのトイレって段違いで大きいです
どれぐらい大きいかって言うと画像の通りです
ソファーが置けます
何で置いてあるかって?
知らんがな ^o^

トボトボ歩いて帰る

そして宴も終わり、全員と別れて、2時間かけて歩いて帰り明日に備えるのであった
ビックリするけど真っ暗過ぎて、結構怖かったので、写真とか全然撮れなかった
iPhoneのフラッシュじゃダメだったので、ちゃんとしたデジカメ持って行く事をお勧めする

最後に

さて、ここまで読んでくれてありがとう
明日はいよいよ弾丸旅行の最終日
短い時間だったけど、バンクーバーで過ごした思い出はこの先も残るし、また明日を生きる活力にもなる
という事で、いつになるかわからないけど、次回最終回、お楽しみに!

英語の喋れないエンジニアがバンクーバー行ってみた(1日目)

働きにじゃないよ!

どうも、株式会社LiBのフロントエンドラストマンのライオンです
ここから先はメッチャ長いので、暇な人だけ読んだ方が良いです

弊社では既にエンジニアが一人、6月からバンクーバーに語学留学で飛び立っていて、その2ヶ月前ぐらいに「じゃあお盆会いに行くわ!」と言っていたのを実行してみました

ちなみに「Are your job?」と聞かれて「?」ってなるぐらいには英語話せないです!
(これのせいかよく分からないですが、答えに詰まって別室行きになりました!)

日本 当日11:30頃

俺「あー荷物準備しねーとなー」(飛行機出発 17:30)

完璧アホ ですね。
国内旅行は何度か行ったり来たりしてまだ慣れていたのですが、国外旅行は何準備したら良いのか分からず、しかしこの時既に「不要なものは持って行かないようにしよう、どうせ税関で捕まるし」と半ば悟りを開いた仏陀のようにその時を予知していた自分。

そして無事成田空港第一ターミナルに到着し、チケットを発券してもらおうと場所を探すが、まず 分からない
本当にどこだよこれはっていうぐらいにデカいです。

で、発券しようにも自動発券機をお使い下さいって言われるんですが、これのUIがまた糞い!
「予約番号」->「パスポート」という流れだと思っていたら、「パスポート」->「予約番号」という流れっぽく、そのUIに苦戦。
空港のお姉さんにやり方を聞いて、試すも、機械の「パスポート読み取り機能」が悪く、結局窓口に。
(そもそも自動発券機の所には「手荷物の無い方はこちらの方がスムーズです」と書いてあったりと悉くユーザを混乱させるような罠が設置してあり、結局どう動けば良いのか分かりづらかった)

そして窓口にて...

窓口までの列に並んでいたら、前の親子らしき人物が

親子(娘)「それにしてもバッグ目立つようにしたいな」

俺「!!!!!」

確かにと思った自分。
どうすると焦った自分。
その時閃いた答え。

f:id:lion_man44:20150815014739j:plain

f:id:lion_man44:20150815014751j:plain

たまたま持っていたコンビニ袋を取っ手の部分に結んで乗り切りました!
(写真はバンクーバーでの宿先での写真です。ちなみに上の赤い紙は預かり荷物として結ばれるやーつです。皆のカバンにくっついているので目印にならないです)

荷物を預かってもらった後は「43番GATEに16:30から搭乗開始されますので、16:00頃には大変混雑しますのでお早めの出発口へ移動を御願い致します」と言われ、「(43番GATEね、見たら分かるんやろうなー)」と思っていたが考えが甘かった
そもそも空港の構成は「出発口」->「出国審査」->「n番搭乗口」となっている為に「43」という数字を探しても見つかるはずもなく、ウロウロする羽目になった

そしてようやく一服( `-ω-´)y━。oO○

電話と外貨

そう思ったのもつかの間、次に「電話の電波状況の確認」と「外貨交換」が必要だったので、淡々とこなす自分
とりあえず使えれば良いので、費用は一旦無視(DOCOMOなら海外パケホー代2980円) (そしてSMSは一通100円、電話はバンクーバーから日本にかけるなら140円/1秒、どこか別の国からかかってきたら175円/1秒なのでよっぽどの事が無い限り、SMSも電話もしない方が良いです。LINEやFBやTwitterなど、パケ代しかかからないものを選びましょう)

「外貨交換」も「カナダドルで書いて下さい」と言われるけど、お姉さんに「僕分かんなーい」って言うと電卓でビシバシ教えてもらえます!
f:id:lion_man44:20150815020540j:plain これ香りがついてます
おかげで財布がフローラルな香りになりました!!

ここまで終わり、13:50には成田空港に着いていたのに既に 16:00 です
時間経つの早いです
マジで行く時は早めの空港到着オススメです!

圧倒的飛行機!!!

さて、そんなこんなで何とか出発口ゲートをくぐりました f:id:lion_man44:20150815021625j:plain

そして流れるように出国審査も終わり、流れるように日本を出ました f:id:lion_man44:20150815024519j:plain 行って来まーす!

機内にて...

さて、そこからが大変でした
自分の中では「日本からバンクーバー行くし、キャビンアテンダントはまだ日本人だろうなぁ〜」と思っていたら「残念でした!!!!」と声が聞こえて来そうな感じでカナディアンでした(ZONE毎に区切られているみたいで、ZONEで担当キャビンアテンダントが決まっているっぽい感じなのかな?)
日によって違うみたいですが、まだ運良くも自分は日本語の分かるキャビンアテンダントがいる飛行機に搭乗する事が出来たようです、一回も喋れませんでしたが

で、乗っている乗客は圧倒的アジア系人種の多さにビックリします
「あれ?今から普段住んでいる所とは反対側行くんだよな?」となるぐらいに黒髪多いです(結構日本語英語中国語混じって聞こえます)
そしてこれは現地行ってから知った事ですが、カナディアンは幼少期と成年期とで髪の色が違い、大人になるにつれてどんどん黒くなっていくそうです(髪の色ってお爺ちゃんお婆ちゃんになるまで変わらないと思っていたのでこれは意外でした)

そして英語の出来ない奴にとって、難易度の高いものがこれですよこれ
カナダの入国で使うこれです
f:id:lion_man44:20150815024657j:plain
(フォーマット若干違いますが)

入国審査で思いっきり使います
なので、皆さん気をつけた方が良いです

で、僕はタバコを吸うので、タバコの欄には「??????????????」となって、キャビンアテンダントさんに聞かないと分からない状態に
しかも画像とは違うんですが、「City/Town」で今は区切られていたので「○○区までいるのか????」とか分けが分からないよ状態になり、キャビンアテンダントさんを呼ぶ事に
「Excuse me. Japanese Cabin attendant please.」(自分の知っている知識を最大限に並べながら)
「Why??」
ですよねー!
(で、しかも今調べてたらpleaseって別に丁寧じゃないんですね!)

で、何とか教えてもらい(所々書いてもらいながら)、ミッション終了
いざ、カナダへ!(もう出発しているけど)

チェケナビー?

そしてお待ちかねの機内食ですよ
食べる事が趣味の自分にとってはこれもう楽しみですよ
で、また機内食は「基本的に二択なんですよね」
これが英語確定なわけです
前からカラカラやってきます
チェケナビー?」という謎の単語と共に

周りの人が「チキン」と答えているのが、何とかまだ前半はチキンだと分かりましたが、後半は無理です、分かりません

「仕方ない、聞こう」と思い、「チキン...(ともう一つは何?)」という単語を言おうと思ったがとっさに出ずにキャビンアテンダントさんに「チキン」を取り出され、(◞‸◟)していたら隣のカナディアンが「ビーフ」と答えたのでその時「!!!!!!!!!」と電流が走りました

f:id:lion_man44:20150817103743j:plain
(手ぶれしていてすみませんm(_ _)m)

御飯とパンて、と思う人もいるかもしれませんが、美味しかったです:) 食べて、目の前の端末でソリティアして遊んで、眠りにつきました

そして朝になったので起きて朝食です
「Scrambled eggs or OKAYU?」と言われたので今回は分かりました
f:id:lion_man44:20150817105057j:plain
(手ぶれしていてすみませんm(_ _)m)

スクランブルエッグもこっちで作るそぼろ的なイメージと違い、 美味しかったです:)

別室行きになりました

皆さん、ご存知だと思いますが、 入国審査 というものがあります
この世で最も辛い瞬間です
会話が出来ないと真っ先に疑われます
本当に疑われます
紙に「目的」と「滞在先」と「滞在期間」を書いておくと良いです
ちなみに自分は書いて行きましたが、別室行きになりました(「目的」のこと「Goal」とか書くと危険です)

Vancouverでは入国審査の他に荷物を受け取ってから更にGATEがあります
で、そこで
f:id:lion_man44:20150815024657j:plain
に番号が振られていたり、×が書いてあったりします
OKじゃない状態だったら全部AかBという別室送りになります
(私は722でBでした。怪しいという意味の番号なんですかね?)

ここでは英語が使えないと難しいです
英語が出来ないと最悪「国へ帰るんだな」と言われます

自分の担当が中国人みたいな人だったので、もしや日本語分かるかも、と期待したのも束の間、英語で責め立てられます
でも何とか説明しようとしますが、そもそもの英語が分かりません
で、困っていると中国人っぽい人が「えいごできますか?」と日本語で聞いて来ました
もう心の中では「やったああー!!!!!これで勝つる!!!」という感じで「できません!」と答えました
そうしたら「やれやれ」と言った感じで奥に引っ込みました
ここで「(あれ?何か失敗したかな?)」と思ったのも束の間、奥からだるまみたいな体躯の大きい外人が出て来てこのやくみつるDankogaiマイクロソフトの北川さんに似ている私の身体を舐め回すように見ました
「(あ、俺終わったな〜…)」とか思っていたら、「わたしすこしだけにほんごできる」と言われて、「あ、良かった〜ここで、殺されるんじゃないんだ」と本気で安堵しました
結構言葉が通じないって恐怖だと思います
通じる人からすると意味不明でしょうが

そして最初の質問が「何故来たのか」というド定番の質問に「旅行で来た」と返すと「何故2日だけなんだ?」と言われ、「え?」と本気で思いました
「(え、え、休み取れたのそこだったんですけど…)」とは思っていても言う訳も無く、「いや…日本ではお盆という期間で、この間だけしか休みが取れなかったのでせっかくだから旅行に来た」という風に伝えると、英語にしてくれて伝えてくれました
「誰と来たんだ?」
「一人で来た」
「一人で?こっちに待ち人はいるのか?」
「一人で、はい、います」
「そいつはこっちに住んでいるのか?」
「はい、住んでいます」
というようなやり取りを交わして、荷物検査にうつりました(完全に事情聴取より怖いです)

洗いざらい荷物を取り出し始める(基本的に旅行の際はあまり荷物を多く持って行かなかったので助かった)
ダーツを持って来てしまっていて「あ、ヤバい、武器と間違われる」と思っていたら、中国人っぽい人もダーツをやるのかいたく気に入ってしまったようで「Toy?」とテンション高く聞かれ「Yes」と答え、その後「Cricke〜♪」とか鼻歌を歌い始めた

そしてiPhoneのパスワードは見られ、メッセンジャー系アプリは勝手に開けられ、中身を洗いざらい見られた その中で友人とのやり取りを見られ、その時に多分助かったと思われるのが友人から英語で
「my friend live in here. I can speak english little. can I ask her to help my english」
と書いてあったおかげか、「OK!」と言い、「Exit」の方まで連れて行ってくれた(途中グレイスフルフレンド?って聞かれまくったけど何だったんだろう?)

こうして無事、入国審査を終えたわけである!!!

バンクーバー到着

f:id:lion_man44:20150817105443j:plain

わっほーーーい!!!

f:id:lion_man44:20150817105626j:plain

うわぁぁぁぁおおおおお!!!!!

f:id:lion_man44:20150817105651j:plain
(手ぶれしていてすみませんm(_ _)m)

ひゃっ……ん?……うぇーーーい!

待ち合わせ人と無事合流し、空港から移動

そして初トレインへ

f:id:lion_man44:20150817105810j:plain

こちらでは「honest system」というものがあり、無賃乗車し放題です(嘘です。見つかるとメッチャ怒られます。罰金200ドルだったかな)

日本のトレインと違い、「黄色の線」があると思いますけど、あれ、メッチャギリギリにしか引いてないです
f:id:lion_man44:20150823205941j:plain
(こんな感じ)
しかも日本は落ちたとしても緊急で回避する場所があったりしますが、そんなものありません
むしろ高圧線が流れているらしいので、落ちると死にます
でも、ご安心を
そもそもホームが広いので、大型荷物などを持っていても大丈夫です!!
そして日本とは違い、そのまま自転車を載せられます(コンパクトにした奴じゃなくてロードバイクをそのまま)
更に一番ビックリしたのが、ホームと電車が凄く近く、車いすのお客さんも乗せやすいようになっておりバリアフリーな設計を感じました!

念願のVancouver Cityに辿り着いたぞ!

f:id:lion_man44:20150817111630j:plain

まるで映画に出てくるような場所だ、という事で記念に撮影しました
(スクーターに二人乗りで走って行きそうな場所…)

f:id:lion_man44:20150817111840j:plain
メッチャ明るい…(11:30ぐらいだから当たり前なんだけども…)
そしてメッチャ涼しい…(木陰に入ると気持ちよ過ぎて昇天しそう)

f:id:lion_man44:20150817112040j:plain で、コロッセオなこの建物なんだと思います?

実は図書館なんですよねー!!!
外観がカッコいいというのと、食事は禁止だが、飲み物は飲んでて良い、というのが日本と文化が違って面白いですね^^b

f:id:lion_man44:20150823204112j:plain

そして図書館のすぐ近くにあるオシャレなカフェ
こういう建物設計良いなぁって思ったので日本にも欲しい

意外と日本語が...

f:id:lion_man44:20150823204243j:plain

そして日本でお馴染みのあれ
入ってないので味は分からない

f:id:lion_man44:20150823204331j:plain
(手ぶれしていてすみませんm(_ _)m)

アゲアイス!
_人人人人人人人人人_
> 突然のカタカナ <
 ̄YYYYYYYYYYYY ̄

JavaScripterにはお馴染みの...

f:id:lion_man44:20150823204546j:plain

gulp
飲み物の名前ではなくて、serviceらしい(試した人は情報ください:))

そして成人男子御用達の...

f:id:lion_man44:20150823205330j:plain

日本程キラキラしてない

何故梅田!

f:id:lion_man44:20150823205531j:plain
f:id:lion_man44:20150823205639j:plain

梅田でそんなに人生変わる寿司屋を見つけたんだろうか?

この横浜感

f:id:lion_man44:20150823205732j:plain

凄い横浜っぽい
あと、バスが電線使って走ってる!
ちんちん電車みたい

そしてライオン像

f:id:lion_man44:20150823205840j:plain

池袋でも見た事ある奴!

おやつにputine(プーティン)

f:id:lion_man44:20150823210750j:plain

グレイビーソースがもうちょっとパンチ効いてると美味かった!

謎の食べ物

f:id:lion_man44:20150823210856j:plain

なんだこの爆弾は…
敵に投げつければ良いのか…

昼食

f:id:lion_man44:20150823210948j:plain

そしてポテトおかわりし放題、飲み物し放題のお店でハンバーガーを食しました!
こっちのハンバーガーはアメリカなどとは違い、MがLサイズみたいな事は無いようで、安心しました!
常識的な大きさです
それと一つ注意点ですが、そして海外ではよくあるチップの問題
料理の代金 + TAX( GST 5%PST 7% で12%) + チップ代(12〜15%?)
です
なので、外食は意外とお金がかかる事が分かります
(支払いする時はクレジットカード、ないしデポジットカードが便利です)

保存版!2013年4月からのBC州 消費税制度 GST/PST 何にかかるの?完全ガイド | LifeVancouver カナダ・バンクーバー現地情報

そして日本と違う所はサーバーと呼ばれるテーブルに一人店員さんがつきます
その人が帰るまで、サーバーが面倒を見るのです
だからこそ、チップ代はサーバーの懐に入るのです
なので、サーバー以外の人を「Excuse me〜」と呼んでも無視されます
ちなみに「楽しんでるかい?」とかいろいろと面倒見が良いです
言葉喋れないと、結構この私語がキツいですw

ここでポテイトをお持ち帰りします(次の日の朝食でした)

安定のエンジニアジョーク

f:id:lion_man44:20150823213148j:plain

こっちではないです
Java

メッチャ三角形…

f:id:lion_man44:20150823213425j:plain

尖っている部分、凄い狭そう…

Vancouverの観光名所らしい

f:id:lion_man44:20150823213516j:plain
f:id:lion_man44:20150823213614j:plain
f:id:lion_man44:20150823213610j:plain

蒸気で動く時計
サクラ大戦3好きとしてはこれは興奮せざるを得ない

Vancouverでは日本のような横断歩道が無い

f:id:lion_man44:20150823213826j:plain

交通事情ってのは国によって違うものですが、それはVancouverでも同じでした
Vancouverには日本にあるような横縞模様がほとんど無かったです(全く無いわけではなくて、ある場所にはあった)
そしてメッッッッチャ横断歩道が切り替わるの早いです
人間が歩けるような信号の状態になってから、10秒と待たずに点滅し始めます
ここら辺が日本よりもせっかちだなぁと思いました
(でも老人とかは気にならなかったって事は道路が広いから、なんだろうなぁ)

そして全部メープルシロップ推し

f:id:lion_man44:20150823214458j:plain

大量のメープルシロップです
人生でこんなにメープルシロップ見たのは初めてだと思います
ワッフルの上に唐揚げのせて、メープルシロップをかけると見た目とは裏腹に美味しいので、皆さん是非試してみて下さい:-)
ちなみにVancouverではアイスホッケーも有名です

Gastownを作った人

f:id:lion_man44:20150823215818j:plain

Gassy Jack(ギャシージャック)という方はこの街(Gastown)を作った人であり、最初にこの地でサロンを開いたそうな
こうした像を見ると時代を感じますね

そして相変わらずの漢字

f:id:lion_man44:20150823220158j:plain

Mikuって何!? Nikuじゃなくて!?

ウェミダー!

f:id:lion_man44:20150823220251j:plain

こっちの海って日本みたいに潮の香りがしないんですよ
海の水は舐めてないですが、多分味は日本と変わらないと思います

突然の二次元

f:id:lion_man44:20150823220407j:plain

15/16ぐらいに開かれるイベントらしい
残念だが、帰国日なので行けなかった(◞‸◟)

ファミリーホテル

f:id:lion_man44:20150823220513j:plain
f:id:lion_man44:20150823221841j:plain
(手ぶれしていてすみませんm(_ _)m)

バスでファミリーホテルまで行き、辿り着いたのも束の間、一番難しいミッション、オーナーと会話するというミッションが待っていた airbnbで3回位断られていた自分にとってハードルが高過ぎた
しかし、ここのオーナーがアジア系で「I'm sorry. I can't speak English.」と言っても「Don't worry! your welcome~」と言ってくれて助かった
もろもろの説明を受けた後に二人とも固まってしまったので「Yeah it is probably okay」って翻訳アプリ使って、言ったらメッチャ爆笑してた
(後で調べたらmaybeよりも確度の高い「多分大丈夫」って言う感じらしくて何も英語分かってないのに大阪のオバハンみたいに伝わったっぽい)

とりあえず、1日目は歩き過ぎて股擦れが酷く、シャワーに入っても凄い染みたがそれ以上に見るべきものが多くて、いろいろと勉強になった1日だった
ちなみにシャワーは温度の調整が効かなかった(ちょうど良かったので助かったが)